原田けんいちとは(プロフィール)

わたしのお気に入り映画

『愛情物語』

 今回は、1955年アメリカ作品、 THE  EDDY DUCHIN STORY「愛情物語」を ご紹介しましょう。

  1930年代にすてきなジャズピアノを弾いて全米を魅了したエディ デューテンのはなやかで悲劇的な生涯を描いたラブストーリーです。

監督は、「アニーよ銃をとれ」「ショウボート」などの ジョージ・シドニーです。
男優は、「陽はまた昇る」にも出演した。あの二枚目スター、タイロン・パワーです。
女優は、ミステリアス、キムをあだ名された美女、 キム・ノバーグです。「ピクニック」や「めまい」にも出演した演技派です。

この映画の中で数多くの甘いピアノを聞かせてくれるのが皆さんもよく知っているピアノの詩人。カーメンキャバレロです。
テーマ音楽であるショパンのノックターン 変ホ長調は、エレガントなアレンジメントですてきですよ。その他、マンハッタン、ブラジル、身も心も、など キャバレロスタイルの音楽がもりだくさんです。

私は、日比谷で1965年にリバイバルを観ました。 18才の夏でした。

華麗な名曲のかげに写しだす感動に満ちた男の悲しみと哀切。 恋のロマンに酔いたい人も、音楽好きな人も 親子の愛に泣きたい人も、すべての人を満足させるすてきな映画です。 昔のニューヨークの情景もとてもきれいです。